イギリス・アロマセラピー留学

イギリスアロマセラピー留学
始めに
アロマセラピーとは
リフレクソロジーとは
コース内容
学校紹介
料金
コース内容
学校紹介
料金
参加者の声
お申込の手順
カウンセラー紹介
バリ島エステ留学政府認定コース
バリ島アロマセラピー留学
バリ島滞在場所
バリ島アロマセラピー留学 募集要項
資料請求
会社紹介

アロマセラピー留学、参加者の声


2006年9月からチチェスター・カレッジのHolistic Therapyコースに参加しています。
亜希子さんはもともとマッサージをするのが好きで、日本でも職場の同僚や友人にマッサージをしていました。
子供の頃から福祉に興味があり、福祉の世界にどのように入っていったら良いのかと模索していたところCECのボランティア留学に出会い、2003年に1年間イギリス・ボランティア・プログラムに参加しました。
そこで派遣されたボランティア先の施設でマッサージをする人と知り合ったことがきっかけで、レジデント(入所者)の人たちにマッサージを半年間もの間させてもらえました。
レジデントの人たちがこんなに喜んでくれる。身体の不自由な人たちの役にもっと立ちたい。このとき亜希子さんはもっとマッサージ技術を磨き、きちんと資格も取り、これを福祉の中でもっともっと広めていきたいという強い信念に駆られたといいます。そしていろいろと情報を集めた結果、マッサージの勉強をするのはこの国だと思い、さらにまたこのイギリスに戻ってきたいという願いもあって、ボランティア留学を終えた後、強い信念の元に1年後またイギリスに戻ってくることが出来ました。

ボランティア留学中にCECのイギリスオフィスのアロマセラピストでもあるスタッフに充分且つ適切なアドバイスをもらったことで、このチチェスター・カレッジに進むことに決めました。
入学前には学校見学のアレンジをしてもらったこともあり、カレッジのスタッフや環境の雰囲気を把握できたことはとても安心があったし、実際入学してみると、講師の先生たちがとても優れていて、日に日に学ぶことが楽しくなり、またアロマセラピーだけではなくリフレクソロジーやインディアン・ヘッドマッサージなどの勉強も出来る上に、クリスタルセラピーなど、それ以外のものに触れる機会があるのがとてもよかったと思っています。
また、このコースは一般の人たちがマッサージを受けにカレッジに来てくれますので、資格を取る前にこうやってクライアントにマッサージが出来る環境を作ってくれているのがさらに刺激となり、最近ではここで学ぶ以外のHolistic Therapyも学びたくなってきました。
それに留学生サポートとして週に一度additional supportがあるのが嬉しいです。授業中にわからなかったことや、英語で聞き取れなかったことなどを再度確認できるので、とても助かっています。

毎日宿題や勉強で大変ですが、プライベートの時間は料理をしたり映画やショッピングを楽しんでいます。チチェスターはロンドンと比べて物価は安いですが、節約してお弁当を作って毎日頑張っています。そしてはじめのうちはStudent Houseに滞在していましたが、もっとイギリス人に触れることも大切だという気持ちもあり、今はホームステイに移り、英語の環境を自ら増やしているというとても努力家の亜希子さん。
将来は老人や障害者を対象にマッサージをしていくことが夢だそうです。

前向きな亜希子さんをわたしたちCECのスタッフ一同で見守っていきたいと思います。